放ってても治らない

症状がない時にかかる診療科

総合診療科のある病院受診を

医師と看護師

特徴的な症状はないけど体が不調というとき、どこの科にかかったらいいか悩みどころです。そういうときにおすすめしたいのが、総合診療科のある病院です。できれば、総合病院のようなところがいいでしょう。総合診療でははっきりしないものについて、とりあえず調べ、必要があれば専門分野に治療を任せる体制をとります。受診したその日に病気がわかるということはないかもしれませんが、検査結果に基づいて診断を行ってくれるという利点があります。決めつけで診ないというのが利点です。不調だからといって市販薬でなんとかしようと思っても、かえってそれが手遅れになることもあります。そういう点も含めて、総合診療に相談するとよいでしょう。

体の不調を感じたらすぐ病院へ

体に不調を生じたらなるべく早めに病院に行くことが重要です。よく、通院することや薬を飲むことを極端に拒む方がいますが、悪化するだけです。最近は放射能などの影響で免疫が下がっている方が多いので、普通のインフルエンザなどでも急死する方が見受けられます。特に中高年の方は何か変だなと感じた時に病院に行かないと後で大問題に発展することがあります。目の病気などは本人に自覚がなくても、意外に進行していたりするので、気を付けるべきです。体の不調は休めのサインでもあります。無理をせずしっかりと病気を治すことが明日につながります。

↑PAGE TOP